2013/03/21

Wind + Ubuntuでバックライトを調節する(追記あり)

MSI WindにUbuntuをインストールしてから早6日。

CompizFusionとVirtualBoxをインストールしてウハウハしてました。

さて、みなさんは、液晶画面のバックライト、どうしてますか?

俺は、明るさ0 %じゃないとダメなんです!!!

メインマシンの液晶ディスプレイの明るさも0%にしてます。

ノートパソコンの場合は、外の光もありますが、見やすさも考えて20%くらいです。

で、このMSI Wind、なぜかVirtualBoxで仮想の XPを立ち上げた瞬間に、

明るさ100%になるんです(泣

これは俺にとって、結構問題です。

しかし、ACPIのドライバが特別に用意されているわけでもなく、

MSI Windフォーラムにもデバイスドライバをインストールするのは無線LANだけ

(無線LANに関しては前々回の記事で解決済み)

なので、バックライトをどうにか調節しようとしました。

幸い、デフォルトのACPIで調節が可能なので、バックライト関連のコマンドが打てます。

というわけで、俺はxbacklightをインストールしました。

sudo apt-get install xbacklight

インストールした後、起動時に

xbacklight -set 20%

を実行するようにすれば、最初から暗めのディスプレイになるわけです。

ふぅ・・・これで「うわっ!眩しい!!」がなくなるかもです。

〜追記〜

もしもこれで改善されない場合は、gconf-editorで直接設定をいじるしかありません。

ターミナルで、

gconf-editor

で起動できます。

その中の、/→apps→gnome-power-manager→backlight

→brightness_acと、

→brightness_batteryで、それぞれの明るさを決めることができます。

他にも、設定項目がありますので、自分の好みに合わせて変えてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で