2013/03/21

VirtualBox+ブリッジ接続を無線LANで行う方法

CrossOverでUbuntu上でOfficeを動かしたものの、

細かい不具合が目立ちます。

やっぱり、Windowsと同じようには動かないのね(´・ω・`)

というわけで、再びVirtualBoxを使うことにしました。

実は、少し前から試していたことがありました。

それが、ブリッジ接続です。

以前からVMwareで実験的にサーバを立てたりしていましたが、

その時に、仮想OSもルータからIPアドレスがもらえるようにしたのが、ブリッジ接続です。

VirtualBoxのデフォルトでは、NAT接続となっていますが、

これはVirtualBox自らIPアドレスを仮想OS(ゲストOS)に割り当て、通信を取り持つというものです。

通信さえ出来ればNAT接続でもいいのですが、

VirtualBoxのNAT接続は、Pingが通らないのです。。・゚・(ノд`)・゚・。

インターネットはできるので、DNSで名前が決まっているものにはアクセス出来ますが、

IPアドレスでの通信はできないのです。。・゚・(ノд`)・゚・。

そして、そんな悩みを解決するのがブリッジ接続ですが、

brctlを使用した従来の方法では、無線LANと併用できないのが難点でした。

しかも、検索して出てきたブログのほとんどが、諦めています。

前置きが長くて申し訳ないです。(´・ω・`)

今回は、ProxyARPとDHCPリレーとブロードキャストリレーを使うことにより、

WindのUbuntuで無線接続しながら、VirtualBox上のゲストOSをブリッジ接続させました。

ジュンのネット環境は、現在こんな感じになっています。

ルータのIPアドレス:192.168.11.1/24

Ubuntuの無線LANインターフェイス:wlan0

1.必要なパッケージをインストールします

sudo apt-get install uml-utilities parprouted bcrelay dhcp-helper

2.IPをフォワーディングさせます

sudo sysctl net.ipv4.ip_forward=1

3.TAPインターフェイスを作成します

sudo tunctl -u $USER(自分のユーザ名)

sudo ip addr add 192.168.11.150/32(自分のネットワークに合わせる) dev tap0

sudo ip link set tap0 up

4.DHCPリレーを設定する

DHCPHELPER_OPTS="-b wlan0 -i tap0"

sudo /etc/init.d/dhcp-helper restart

5.tunの権限を変更する

sudo chmod 666 /dev/net/tun

6.ProxyARPを起動させる

sudo parprouted -d wlan0 tap0 &

7. BroadcastRelayを起動させる

sudo bcrelay -i tap0 -o wlan0 &

あとは、VirtualBoxの設定でネットワークアダプタの「割り当て」を「ホストインターフェース」にして、

「ホストインターフェースの設定」の「インターフェース名」を「tap0」にするだけです。

この後、ゲストでXPを起動させると、

こんな感じにIPアドレスがもらえるはずです。

最後に、IPアドレスが確認できたら、

Ubuntu上からゲストOSにPingを送ってください。

Pingが返って来なかったら、ゲストOS上でIPアドレスの更新をしてください。

それでも実行しても通信できなかったら

PingとIPアドレスの再取得を繰り返してください。

この赤い文字の考えに到達するまで、結構かかりました。

。・゚・(ノд`)・゚・。

でも、一度通信できるようになったらずっと通信できます。

(`・ω・´)

CCNA取得の為に勉強した知識が、まさかこんな姿で役に立つとは思わなんだ笑

皆さんも、是非試してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で