2013/05/22

Ubuntu8.10でNetbook用TouchScreenを使う方法

以前、キャリブレーションに失敗していたタッチスクリーンですが、

ようやく、キャリブレーションに成功したので、方法をまとめておきます。

1.Touchkitをインストールする

まず、以下のコマンドを使用して、

タッチスクリーンのユーティリティをインストールします。

$wget http://home.eeti.com.tw/web20/drivers/touch_driver/Linux/2.06.2416/TouchKit-2.06.2410-32b-k26.tar.gz

wgetで最新ドライバをダウンロードします。

$tar -xvf TouchKit-2.06.2410-32b-k26.tar.gz

解凍します。

$cd TouchKit

解凍したディレクトリに移動します。

$sudo ./setup.sh

セットアップ用のスクリプトを実行します。

スクリプトを実行すると、こんな感じになります。

---

(*) Linux driver installer for TouchKit controller

(I) Check user permission: root, you are the supervisor.

(I) Begin to setup the TouchKit driver.

(I) Found and removed previous TouchKit driver.

(I) Extract TouchKit driver archive to /usr/local/TouchKit32.

(I) Create TouchKit utility shortcut in /usr/bin.

(I) Create TKCal tool shortcut in /usr/bin.

(I) Check X window version: 1.5.x

(I) Copy X module: x15/egalax_drv.so to /usr/lib/xorg/modules/input.

(Q) Which interface controller do you use?

(I) [1] RS232 [2] PS/2 [3] USB :

---

ここで3を入力し、エンターを押します。

---

(I) Using interface: USB

(I) Found a HID compliant touch controller.

(I) Found inbuilt kernel module: usbtouchscreen.

(I) It is highly recommended that add it into blacklist.

(Q) Do you want to add it into blacklist? (y/n)

---

ここで、yを入力し、エンターを押します。

---

(I) The kernel module usbtouchscreen has been added in /etc/modprobe.d/blacklist.

(I) Found X configuration file: /etc/X11/xorg.conf.

(I) Removed touch configuration from /etc/X11/xorg.conf.

(I) Add touch configuration into /etc/X11/xorg.conf.

(W) No "ServerLayout" section found! It will be appended automatically.

(I) Please reboot the system for some changes to take effect.

(I) After booting, type "TouchKit" to do calibration.

---

これで、Touchkitのユーティリティのインストールが完了しました。

最後のメッセージにもある通り、ターミナルでTouchKitと入力し、エンターを押すと、

キャリブレーションを行うことができます。

しかし、先にやっておく作業がまだあるので、済ませておきましょう。

2.fdiファイルを作成する

Ubuntu8.10から、xorg.confを使わなくなりました。代わりに、XMLで記述した設定ファイルが必要となったのです。

前回は、この設定ファイルをapt-getでインストールしたものを使用した為、実際のタッチスクリーンでは

うまく動作しませんでした。

今回は、設定ファイルを新規で作成します。

まず、geditを使用して以下のファイルを作成します。

sudo gedit /usr/share/hal/fdi/policy/10osvendor/50-eGalax.fdi

以下の記述を貼り付けて保存してください。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <!-- -*- SGML -*- à

<deviceinfo version="0.2">

<device>

<match key="info.product" contains="eGalax">

<match key="info.capabilities" contains="input">

<merge key="input.x11_driver" type="string">evtouch</merge>

<merge key="input.x11_options.minx" type="string">70</merge>

<merge key="input.x11_options.miny" type="string">70</merge>

<merge key="input.x11_options.maxx" type="string">1900</merge>

<merge key="input.x11_options.maxy" type="string">1900</merge>

<merge key="input.x11_options.taptimer" type="string">30</merge>

<merge key="input.x11_options.longtouchtimer"

type="string">750</merge>

<merge key="input.x11_options.longtouched_action"

type="string">click</merge>

<merge key="input.x11_options.longtouched_button"

type="string">3</merge>

<merge key="input.x11_options.oneandhalftap_button"

type="string">2</merge>

<merge key="input.x11_options.movelimit" type="string">10</merge>

<merge key="input.x11_options.touched_drag" type="string">1</merge>

<merge key="input.x11_options.maybetapped_action"

type="string">click</merge>

<merge key="input.x11_options.maybetapped_button"

type="string">1</merge>

<merge key="input.x11_options.rotate" type="string">cw</merge>

<merge key="input.x11_options.swapx" type="bool">false</merge>

<merge key="input.x11_options.swapy" type="bool">false</merge>

</match>

</match>

</device>

</deviceinfo>

3.Xを再起動する

Touchkitのインストールと、設定ファイルの作成が終わりましたら、デバイスを有効にする為に、

一度Xを再起動します。

Ctrl+Alt+BackSpaceでXを落とすか、Ubuntu自体を再起動させましょう。

4.Touchkitを起動する

最後に、キャリブレーションの設定を行います。

ターミナルでTouchKitと入力し、エンターを押すと、ユーティリティが起動します。

「Tool」タブの「4Pts Cal」をクリックすると、4カ所のキャリブレーションが始まります。

後は、順番に表示される円の中心をペンでタッチしていけば、設定完了です。

これで、ネットブックの改造用に使用されるタッチスクリーンを新しいXOrgに対応させることができました!

ということは、Ubuntu9.04でも使えるということでしょうか!?

これで、個人的にはUbuntu8.04に固執する理由が無くなりました。

Ubuntu8.10の方が気持ち的にサクサク動くので、この際、8.10に完全に乗り換えようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で