2014/05/27

Ubuntuのテーマを変更しよう

Ubuntuは、鮮やかなオレンジ色をしていて、とても暖かい印象ですが、

人それぞれ、好みがあると思います。

今回は、Ubuntuのデフォルトのテーマじゃなくて、ネットで公開されているテーマを適用させてみましょう。

  1. 自分の好きなテーマを探す

まずは、自分の好きなテーマを探します。俺がよく利用しているサイトは、Gnome-lookです。

このサイトには、かなりの数のテーマが公開されています。

投稿サイトなので、色んな人が思い思いのテーマをアップロードして公開しているわけです。

Linux用のテーマは、「GTK 2.x」なので、ここをクリックします。

この中から、自分の気に入ったものを探します。今回は、このテーマにしてみます。

画像をクリックすると、そのテーマのページにジャンプします。

作者のコメント等が表示されます。ちょっと下の部分に、「download」とあるので、

そこをクリックします。

すると、別のページにジャンプし、数秒後くらいにダウンロードが出てきます。

ダウンロードが完了すると、デスクトップにファイルが保存されます。

ちなみに、俺のUbuntuは既にテーマが変更してあります。

圧縮ファイルもこんな感じのアイコンです。

これでテーマファイルのダウンロードが終わりました。

  1. テーマをインストールする

今度は、ダウンロードしたファイルをインストールする作業です。

Gnomeメニューの「システム」→「設定」→「外観の設定」を開きます。

あらかじめ、いくつかのテーマがありますが、ここの一覧にダウンロードしたテーマを

追加するので、「インストール」をクリックします。

先ほどダウンロードしたテーマを選択して、開きます。

すると、テーマのインストールが完了しますが、今回インストールしようとしたファイルは、

そのままではインストールできませんでした。

※多くのテーマファイルは、これで完了します

まぁそんなこともよくある話です。とりあえず、圧縮ファイルの中身を見てみます。

すると、このファイルはなんと、壁紙からアイコンから、サイトにあったスクリーンショットの画面を

再現する為に必要なファイル、全部がまとめられていたのです。

今回は、GTKテーマをインストールするので、「GTK」の中を見てみます。

すると、ここにテーマのファイルが保管してありました。

ダウンロードしたファイルを解凍して、このファイルを開けば

テーマがインストールされるわけです。

ちなみに、特定のファイルのみを解凍する場合は、

解凍したいファイルをデスクトップ上にドラッグするだけです。

これで解凍できましたね。

再度、「外観の設定」でファイルを開きます。

今度は、ちゃんとインストールされました。

  1. 適用する

インストールが終わったら、後は適用するだけです。 今回インストールしたテーマをクリックします。 すると、それだけで新しいテーマが適用されます。 これで、テーマの変更が完了しました。 他にもアイコンや壁紙がありますが、基本的にこの「外観の設定」で設定できます。 みなさんも、自分の好きなテーマで、快適なUbuntuライフを送りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で