2013/05/22

これがモバイル機器の1つの答えか

最近、SlatePCが流行ですね。

iPadが先駆けで、HP SlateやEeePadなんてものも発売されるそうです。

しかも、Atomを使った構成になるとか。

ということはネットブックで培ってきた経験を活かしてマルチタッチタブレット端末でUbuntuや林檎が動いたりしちゃってウハウハできる夢の端末が手に入るんじゃないかなぁ。

なーんて妄想している毎日です。

あぁ、 早く発売されないかなぁ。

ヽ(´―`)ノ

新しいNetwalkerもそうですが、最近はキーボード部分を取っ払った画面部分のみの端末が多いですね。

非常に魅力的です。

ですが、その一方ではキーボードに特に拘りのある自分がいて、

やっぱり出先でも快適に入力できる端末が欲しいなぁ。

でもポメラは高いなぁ。

そう思って何気なく電脳売王を見ると、

え!?シグマリオンが2010円!?!?!?!?

思わず買ってしまいました。

ACアダプタ付、他の付属品なしです。

WindowsCEか、懐かしいなぁ。

そして何よりも、キーボードが打ちやすい!

お店でNetwalkerを触ってみたことがありますが、あれは打ちづらい(ネットでも打ち心地は評判良くないね)。

右シフトキーが無いのがかなり残念ですが、

打てます打てます。そこそこのスピードで入力ができます。

ただ、初代シグマリオンなので、シリアルかCFカードスロットしかついてない。

少し高くても?か?にすれば良かった・・・。

でもいいか、2010円だったし笑

というわけで、メモ帳専用端末となりました。

現在でも活用できるアプリを発見し次第、インストールしようと思います。

過去にNPD-20JWLや無印W-ZERO3を使っていたので、色々と活用できそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で