2013/05/22

[日記]ボールペンとSu-Penを家に忘れてしまった

最近、あれ買ったこれ買ったっていう更新ばかりしていたから、

たまにはこういう日記も残していこうかしら。

とは言え、ネガティヴなタイトルである。

そう、なんと、愛用のボールペンと、Su-Penを家に忘れてしまったのだ!

iPadのカレンダーアプリでスケジュール管理をしている以上、

今は紙の手帳を極力持たなくなったのだが、

それでも困ることがいくつか出てきたので書いてみよう。

1.紙に文字が書けない。

ペンを使うタイミングは、様々ではあるが、働いている以上必ず書類というものが出てくる。

社会人になってからは、自分用のメモ以外は消せないペンで記述することがほとんどだし、

いくら自分がデジタルに特化しても、他人と関わっている仕事である限り、必ず紙と触れ合うことになる。

ペンを忘れてしまっては、書類にサインをすることもできないし、企画資料に対して赤ペン先生になることもできない。

簡単なメモ程度ならiPadで済ますことも可能だが、紙という媒体に直接アウトプットできるペンは、

やはり仕事においても日常生活においても、まだまだ必要なのだ。困った。

2.iPadで効率良くメモが取れない

Su-Penを家に忘れたのは正直痛い。めちゃくちゃ痛い。

最近は、Paluというカレンダーアプリを自分のiPhoneとiPadで共有して予定を管理している為、

予定への追記が、指だけだとどうも効率が悪い。

iPadに光沢保護シートを貼っているのもあって、指だとすべりが悪いし、丁寧に書けない。

アナログからデジタルに移行しつつある今でも、やはりペンという形は変わらない。

3.iPhoneが意外と活躍する

ペンを忘れてしまった。メモを効率良く残せない。

最終的にはデジタルデバイスでの入力が残っていた。

まずはカメラだ。書類をiPhoneのカメラで撮って、DropBoxで同期して、Mac上で見たり、iPadのペイントアプリで修正案を提示したりする。

これが便利で、デジタルで処理するしかないのであれば、紙もデジタル化すればいい話というわけだ。

手間はかかるが、1日くらいならなんとかできそうだ。

4.ペンを忘れることによって出来なかった仕事をリマインダーに登録しておく

最後にこれを忘れてはいけない。ペンを忘れたことによって出来なかったことは、

代用はできても結局は紙に向けてアウトプットしないといけない仕事がほとんど。

つまりはペンを忘れずにもってきた時に、本来であれば終わっているはずの仕事を片付けることとなる。

ペンを忘れていた間に何をやったのか、どこかにメモっておこう。

iPhoneを持っているなら、リマインダーがいいだろう。

結論:ペンは家に忘れるな!!!!

結局のところ、忘れ物をしないのが一番だった。

もう二度と忘れたくない。仕事にならないから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー