Pebble Timeがfirmware v3.8からHealthを導入した

Thumb IMG 0191 1024

こんにちは、ジュン@frapptです。

僕が愛用しているスマートウォッチPebble TimeのiPhoneアプリと本体ファームウェアのアップデートがあったので、共にアップデートしてみました。

なんか、「Health」機能が搭載されるほどの大きなアップデートでしたよ
(;゜〇゜)


iPhoneアプリのアップデート&設定

アップデート前の案内

Pebble Healthっていうのを導入するよ!と書かれていますね。

更に、初代Pebbleにもタイムラインを導入するよ!とも書かれています。
初代Pebbleユーザーさんは、カラーディスプレイに拘らなければ、そのまま利用してもタイムラインが利用できるようになったんですね。

Healthの案内
アップデートが完了すると、Healthの設定画面が出てきます。

もし利用しないのであれば、右上のSkipで飛ばします。

Healthの設定
これが設定画面その1。

もっと動きたい、もっと寝たい、AppleのHealthKitと同期する。
自分の場合は欲張って全部Enableにしてみました。

iPhone側の設定

その後で、AppleのHealth側の設定で、どのデータにアクセスするのを許可するかを設定します。

ここで共有したくないデータがあれば、それを無効にしていきます。

身長や体重を入れる画面

最後に、プロフィールとして性別、年齢、身長、体重を設定します。
※画面のそれぞれの値は、デフォルト設定です。僕のデータではありません。

設定完了

設定完了!上の方にHealthが追加されましたね。

Pebble Time本体の操作

Thumb IMG 0191 1024

じゃあ次は、本体を操作してみましょう。

Thumb IMG 0192 1024
Healthを起動すると、現在の歩数が出ます。

睡眠時間
画面を下に送ると、睡眠時間も出ます。

Thumb IMG 0197 1024

Thumb IMG 0198 1024

あとはそれぞれのウィークリー統計がでますね。

まだこれを付けた状態で寝ていないので、
どんな感じに計測してくれるのか、楽しみです。
(`・ω・´)

感想

iPhoneの通知を時計から見られる!というだけでもかなり生活の革命だったのに、
歩数や睡眠も計ってくれるようになったのが、本当に嬉しいです。
(*´ω`*)

最近、公式サイトでもセールをやってますし、Amazonで販売されている並行輸入品も段々と値段が下がっているので、手軽に買えるスマートウォッチとして、大分満足いく時計だと思います。
(`・ω・´)

Pebble Smartwatch | Smartwatch for iPhone & Android


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー