2013/05/22

Nintendo3DSを買ってみた

2月26日、いよいよ次世代携帯ゲーム機Nintendo3DSが発売されました。

1月20日から店頭での予約が始まったので、

仕事が終わって、地元のゲームショップに片っ端から電話で問い合わせをし、

3件目にてようやく確保しました。

都心から離れた地域なので、開店前に着いても誰も並んでおらず、

「当日販売分はございません。」との張り紙が貼ってありました。

これが今回購入したものです。

本体、本体カバー、液晶保護シート、リッジレーサー3DS

まずは、早く電源を入れたい気持ちを抑えて、保護シートを貼りました。

普通はセロハンテープを用意して、埃が入ったら何度かはがして、テープをぺたぺたやって

埃を取るんですが、今回購入した保護シートにはその為の埃取りシートも付属していたので、

作業しやすい印象でした。

保護シートを貼り終え、本体カバーを装着した様子です。

本当は、この後に専用ケースに入れたかったんですが、

本体カバーを装着すると、ケースに入らない。とショップ店員に言われたので、

現在、カバーを装着したまま入るケースを捜索中です。

早速、電源を入れ、裸眼立体視を体験しました。

要は、本屋でよく売っている目の焦点をずらして立体に見せる、アレの応用です。

画面から飛び出るわけではなく、画面の奥に見える世界を覗いてる感じです。

メガネをかけた3Dを期待している人にとってはちょっと物足りないかも。

あと、よくあるのが、3DSをみんなに見せる時、

操作してる本人しか3Dを確認できません。周りのお友達は分裂しぼやけた画面を見ることとなります。

ちなみに、同時購入したリッジレーサーですが、ややポリゴンが荒い・・・。

3DSのカメラモードもそうだったんですが、画質の荒さを3Dで誤魔化している感じ。

それでも、やっぱり立体に見えると、それはそれで凄いものがありますが。

あと、正直な感想をいくつか。

  • アクセルを開けるだけでドリフトが始まる・・・
  • ドリフトしてもそれほど減速しない為、多くのコーナーが5速のまま曲がれる笑
  • ニトロ積むんだ・・・

売れるかどうかは、ソフト次第だと思います。

今回は、発売日にキラータイトルが無かったのもでかいと思います。

インターネットブラウザーの配信が5月だったり、

GBのゲームが遊べるバーチャルコンソールの導入がまだだったり、

かなり先走った発売となったと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で