MacBookPro Retina 13インチ 2015用にケースを買いました

DSC07574

こんにちは、ジュン@frapptです。

先日購入したMacBookPro13インチRetinaの為に、

13インチMacBook Pro Retina Early 2015 AppleStoreカスタマイズモデルを買いました! | No:10623 | 早乙女珈琲店


今回は、赤いケースを購入しました
(`・ω・´)

へへ、へっへっへ、大好きな赤だぁぁぁ
(*´Д`*)


MacBookPro Retina の大きさは毎年変わらない

先日、AppleStore栄で聞いた話なんですが、
MacBookProは、特に通常のProかRetinaのProかで
大きさは変わるものの、

MacBookProRetinaモデルとしては、
これまでの年ごとの更新があっても、
大きさ、寸法は変わらないとのことでした。

つまり、去年のMacBookProRetina用のケースを買っても問題なく使える
というわけですね。

なので、Amazonで良い感じの赤いケースが
ないかと、探すことにしました。

ケースを探す時のポイント

今回僕が探していく中で、
ポイントにしていた条件を紹介します。

その1:マット仕上げであること

DSC07580

これ、僕の絶対条件です。

MacBook用のケースはプラスチックが多いと思いますが、
つるっつるのプラスチックのケースなんてはめたら、
反射はするし、プラスチックの安っぽさが出てしまいます。

それが好きな人はそれでも構いませんけど、
僕はつや消し、つまりマットな仕上がりのケースを探していたんです。

マット仕上げのケースは、大抵の場合商品名にマットってついているので、
それも含めて検索していきました。

「macbookpro retina 13 マット」でAmazonを検索してみる

その2:林檎マークがくりぬいてあること

DSC07579
安いケースは、林檎の部分が覆われているものが多いです。

僕としては、林檎マークの部分がくりぬいてあって、
写真みたいに、白く光ってくれるのが好きなんです。

ケースによって対応が様々なので、
林檎マークがくりぬかれているのかどうかを、
探す時はよく確認してください。

今回かったのはこのケース

僕が選んだのは、
「【ps.j】macbook pro retina 13インチ late2013対応 マット仕上げ ハードカバー (レッド)」
という商品名のケースです。

ポイントは、さっき書いたとおり、
マット仕上げなことと、
林檎マークがくりぬいてあったことです。
あとは値段かな。

開封

それじゃ、開封していきましょう。
(`・ω・´)

パッケージはこんな感じ。

DSC07568

このケース、裏面を見るとちょっと汚れていました。
これはまぁ値段が値段なので、文句言えないですね。

どれくらい汚れているかっていうと、

DSC07569

これくらい。

流石にウェットティッシュで拭きました。

MacBookPro 13 Retina 2015に装着

それじゃ、実際にとりつけましょう。
(`・ω・´)

じゃん(*´д`*)
DSC07570

ケースを固定するツメの部分はこんな感じ

DSC07577

あとこの辺にも固定するツメがあります。
DSC07578

裏面はこんな感じ。

DSC07575

ちょっと、このゴムというかスポンジ?が安っぽいかも。

DSC07576

画面の縁も赤くなってます。

DSC07572

感想

no name
綺麗な赤!使っていてテンションが上がります!

今回、Amazonでケースを見ていたら、
一番種類が多いのがブラックでした。

色に拘りがないのなら、ブラックが手っ取り早くて、安いです。

僕みたいに他の色を探す時は、結構根気が必要ですよ。
(`・ω・´)

頑張って探した分、家に届いた時は嬉しいし、
何より使っていてテンションが上がります
(*´Д`*)

頻繁に持ち運んだり、傷を気にする方は、
是非ケースを探してみてください
ヽ(=´▽`=)ノ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー