MacBookProを手放して、AppleStore銀座で新型Macbookのローズゴールドを買った

Thumb IMG 0499 1024

こんにちは、ジュン@frapptです。

この度、昨年に購入したMacBookPro13インチRetinaを手放して、新型MacBookを購入しました。


去年と言ってることが違うじゃねーか!

結論としては、既存のコネクタを活かしたいと思ったり、より高いスペックで作業をしたいなら、Proかな。という印象だった。特にHDMI出力やSDXCカードスロットがProには最初から付いている。そのまま使えるUSB端子も魅力だ。しかし、12インチの新型MacBookで、新しい世界を見てみたい気もする。さぁみんなで悩みましょう。(*´ω`*)

新型MacBookにするか、MacBookPro13インチRetinaにするか。悩むポイントを挙げてみた – 早乙女珈琲店

去年はこんなことを実際に記事に書きながら、あーでもないこーでもないと考えていたんですよ。
一番の悩みどころは、USB Type-Cでしたね。新しいUSB端子。これの対応アクセサリが、当時は本当に少なすぎた。それならこれまで通りに使えるThunderbolt端子の方が良いに決まっている。
そう思っていた時期が俺にもありました。

それから、SDカードがそのまま本体のカードリーダーで読み込める点も、見過ごすことのできないメリットでした。

しかしですね、モバイルノートとして、次の致命的な弱点があったのですよ。

MacBookProは結局重すぎた

もうなんじゃこりゃ!と思うくらい、自分にとってMacBookProが重たかったんですよ。なんていうかな、ひらくPCバッグに入れたら、一気に肩を痛めるレベル。これはもう本当にしんどい。それ以前はMacBookAir13インチを使っていて、それでも鞄が重くて困っていたのに、もっと重たくなったProのせいで、普段はiPadだけを持ち歩くようになってしまったんですよ。
ほんでもって、これまでのブログ環境兼モバイル環境はMacだったもんだから、MarsEditも使えないわiPadの日本語入力は長時間は耐えられないわで、結局ブログを更新する頻度が下がってしまったんですよ。

で、昨年のMacBookProを売りに出すと、大体15万円で売れることがわかったので、そのお金で、もう一度自分の初心に帰って、モバイルとして手軽に使えるMacを買おうと思ったんです。

AppleStore銀座でローズゴールドを買ったどー!

Thumb IMG 0506 1024

うーん、iPhoneのカメラだと、ピンクな感じが全然伝わりませんね。これ、こう見えてそこそこピンクです。
まぁとりあえず新しいMacを買うのだから、普通のシルバーはありふれた色だからパス。ブラックな感じのシルバーは明るくないから嫌だ。ゴールドは去年のモデルと被るから嫌だ。
となると・・・?ローズゴールド、つまりはピンク!これしか選択肢が残ってないじゃねーか!

という経緯があったのと、iPadPro9.7インチでローズゴールドを購入していたので、色を揃える意味でもこの色にしようと思ったわけです。

それと、横浜に住んでいる友人と一緒にAppleStore銀座まで行って、US配列モデルを購入することにしました。
ローズゴールドはかなりの人気色で、日本語配列のキーボードのモデルは売り切れてしまったと聞いたんですが、US配列モデルは在庫が潤沢にあることを聞いて、アキバからすぐ有楽町駅まで移動しました。

incaseのケースを付けた!

Incase Hardshell Case for MacBook – Apple (日本)



Macを買う時は、必ずケースを買おう!と思っています。
今回のMacBookも例外ではなく、買いました。
ただ、今回はAmazonの安いのを買うのではなく、AppleStore銀座でインケース製のを買いました。

Thumb IMG 0505 1024

Thumb IMG 0507 1024

ただのクリアカバーではなく、ドット調になっているのとマット仕上げとなっているところが良いですね。(´ω`)
プラスチックの安っぽさを出すことなく、MacBookを守ってくれます。
・・・、まぁ6000円ほどしましたけど汗

US配列は譲れない

Thumb IMG 0530 1024

自分にとって大事なのは、キーボードの配列です。
もうね個人的にJIS配列なんて許せないね。「=」がそのまま打てないし、「「」や「」」が横に並んでいないのも嫌だ。自分にとっては、US配列キーボードの方が理に適っていたんです。1度相性の良い配列に慣れてしまったら、もう戻れません。大学時代にUS配列に目覚めてからというもの、ノートPCを買う時はUS配列仕様を選択するか、もしくはUS配列のキーボードユニットを買って、自分で交換するようになりました。ThinkPadとかね。あとは海外のノートPCを買って日本語OSを入れるなんてこともやりましたね。ネットブックの時代に。
要はそれくらいUS配列に拘りがあるっていうことなんです。今回もMacBookを買うならUS配列しかない!と心に決めておりました。

感想

うん、MacBookって、非情に満足のいくノートPCだなって、毎回思います。
(´ω`)

最近になってやっと、USB Typc-Cのケーブルやらアクセサリが増えてきたので、USB端子1つしかないMacBookであっても、あまり困ることなく使えていきそうです。

正直な話、その部分がクリアできそうだなって思えてきたので、購入に至ったっていうのもありますね。去年じゃこの状況はあり得ない話でしたから。
新型NexusがUSB Type-Cを採用したことも、恐らく大きな影響を与えているでしょうね。

さ、どしどし使うぞー!ヽ(=´▽`=)ノ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー