iPad・iPhone用キーボードの大本命が来た!logicoolのKeys-to-goは本当に買って良かった!

logicool keys-to-go

こんにちは、ジュン@frapptです。

来た!やった届いた!
(*´Д`*)

今回は、2014年12月5日に発売された、
logicoolのiPad・iPhone向けBluetoothキーボード
「Keys-to-go」のお話です。
(`・ω・´)


logicool Keys-to-go

このキーボードは、iPad向けキーボードを長年作り続けてきたlogicoolの新製品なんです。

僕はこれまでlogicool製のモバイルキーボードをいくつか買ったんですが、
どれも打ちやすく、使っていてストレスをあまり感じない良い製品が多いんです。

これまでは、iPad用キーボードなら、
iPadのカバーにキーボードがくっついたものや、
iPadを立てるスタンド部分がキーボードの上部についているものが一般的でした。

でもね、これまでのキーボードって、
自分の好みのケースが付けられなかったし、
SmartCoverとの相性が悪かったりしたんです。

今回のKeys-to-goは、純粋にキーボードだけ!

これこれ、僕はこういうのを待っていたんですよ
(*´Д`*)

早速開封しちゃいましょうか
ヽ(=´▽`=)ノ

開封!

まずパッケージがこれ。
スペースに無駄が一切ないですね。
パッケージ

そしてパッケージから出したのがこれ
logicool keys-to-go

いいですね
(*´Д`*)

アップで撮るとこんな感じ
アップ

押すと、これくらい凹みます。
アップで、押してみたところ

それと、薄さはこれくらい。
めっちゃうっすっ!!!

薄い

電源は、右上のここです。
電源ボタン

裏面はこんな感じ。
裏面

iPad・iPhoneと並べてみた

続いて、iPadやiPhoneと並べてみました

iPadと並べた

ほい。iPadと並べた写真です。

横幅はiPad Airに合わせてありますね。

ちなみに、ポリウレタンの赤いSmartCoverと比べると、
Keys-to-goの方が深みのある赤だってことがわかりますね。

SmartCoverと比較

そしてiPhone6Plusと並べるとこんな感じ。

iPhone6Plusとの比較

うん。iPhoneと並べてみても、
結構小さいですね。

少しこのキーボードで打ってみた

打ちやすい。え、これ打ちやすい(*´Д`*)

平ぺったいのに、結構打てるやんか!
これならiPhoneに繋いでLINEする時に使ったり、
ブログ書いたりする時に大活躍できそう。

打つ時にストレスがないことが、
インターフェイスにとって重要であることが、
めっちゃ実感できました。

今もこうしてブログ更新に使っています。
結構快適に入力できています。

しかもこれ、入力していてとても静かなんですよ。
MacBook Airのキーボードよりも静かです。

防水のキーボードなのに、
ここまで使えて、ここまで使いやすいのは初めてです。

これぞモバイル向けbluetoothキーボードの決定版です。
(`・ω・´)ゞ

これは超便利!スクリーンショットボタン!

スクリーンショットボタン

何気に便利!

このカメラのボタンを押すと、
スクリーンショットが撮れました!
(*´ω`*)

アプリのレビュー記事を書いたり、
ゲームの攻略をしている時なんかは、
スクリーンショットボタンの為だけに、
接続していても良さそうですね。

感想

買って良かった!

本当に良かった。

そう思えるキーボードです。
(*´Д`*)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー