2015/01/22

心が折れた時の本当の対処法

切ない男

こんにちは、ジュン@frapptです。

今、心が折れている人は、きっとどこかにいると思います。
悲しい現実から目を背けている人、
心が壊れそうになっている人。

僕自身は今、心は折れておらず、毎日楽しく過ごせています。

ここ半年くらいはめっちゃ楽しく生活できてます。
(*´ω`*)

しかし、半年よりも前は、少し辛い時期がありました。

心が、折れました。

今回は、悲しみのどん底にいる時から、
どうやってここまでこれたかを振り返る機会があったので、
少し書きたいと思います。


心が折れたらどうなるのか

※僕は死にたいと思ったことはありません。
もしも命に関わることを考えたなら、
病院で診察してもらうことをおすすめします。

さて、そんな僕が、心が折れた時にどんな感じだったのかを、
思い出しながら書いていきます。

頭からそのショックが離れない

悲しいことがあった時、頭から離れませんでした。
もうね、他に何をやってもダメ。

集中できない。続かない。

何しててもその事を忘れることが出来ない。

そりゃぁもう苦しかったですよ。

そのショックに正面から向き合えない

その事実と向き合えませんでした。
変ですよね。頭から離れることができないのに、
その事から逃げたいから、考えたくないんです。

それよりも、そのショックな事よりも前にあった、
楽しかった頃を思い出したりして、
気を紛らわすんです。

この矛盾していることが頭の中をグルグルと回っているので、
抜け出せませんでした。

悲しいことが起きたときの対処法でよく言われていること

よくね、失恋から立ち直る方法なんかで、
次のことが言われていますね。

他の趣味を見つける

何か新しいことを始めましょう。
そうすれば、新しい楽しみ、新しい出会いが待っています。

目の前のことを頑張る

今、目の前にあることを、頑張っていきましょう。
悲しいことが起こったからこそ、今目の前の事に集中して、
毎日を頑張っていきましょう。

んなことできるかぁ!!!(*`Д´*)

まじで何も手につかないんですって!
何考えてんだこんなこと書いた人は!
(*`Д´*)

何やったって楽しくないし、
ゲームで遊んだ後なんて、
心の中が空っぽになった虚しさが半端ないし。

美味しいご飯が美味しく感じないんですもん。
ほんと、真面目にああいうことを書いている本とか見ると、
ばっかじゃねーの!?って当時は思いましたね。

でもね、今思えば乗り越える方法が、
なんとなく分かってきた気がするんです。

悲しい思い出は、それに似たことの良い思い出でしか相殺できない

そう。僕が今回言いたかったのは、これ。

何か悲しいことが起こったら、
その思い出を上回る良い思い出が出来ないと、
人って相殺できないんです。

逆に言えば、他のことで紛らわすことができるくらいの悲しみなら、
その人にとってはそれくらいの事だったんです。

例:大学受験

例えばですけど、行きたい大学があったとします。
その為に、その大学への進学率の高い高校に進学したいと考えたとします。

しかしながら、高校受験で失敗しました。
それから、滑り止めの高校で勉強を頑張り、
中学時代に入りたいと思った大学に、
めでたく合格した。

一度心が折れたことが良い結果に繋がった

さっきの例の話で言うと、一番の目標は希望する大学への進学でした。
(何故その大学に入りたいのかっていう話に発展すると脱線するので、やめておきます。)

ポイントは、自分が思っていた道から一度外れてしまったものの、
入りたい大学へ入学することだけは諦めなかった。
その夢への努力を怠らなかったということです。

高校入試で失敗したことが、むしろ良い結果になったわけです。

後で考えたら、一度心が折れて、その中でやれることを見つけて、
努力した結果、最高の結果に繋がった。

というか、そう思うことが出来るようになった。ということです。

悲しい思い出は、その後の人生に影響を与えます。
めっちゃ引きずります。
解決できるまで引きずります。

しかし、その引きずった想いが良い方向に向き、
正しい方向に向かって歩いてゆけば、
必ず良い結果となって、自分に返ってくるはずです。

心が折れた時は人生のチャンス

心が折れた時は、自分の人生の中での
ターニングポイントと言えます。

心が折れるほどのショックを受けた時っていうのは、
その時は、すごく頑張っていたんです。

人よりも努力して、頑張って、
死にものぐるいで走っていたんです。

だから、本人からしてみたら、
活き活きしている人を嫉みたくなるくらいに、
めっちゃ努力しているんです。

ただ、頑張る方向が、少しズレていたり、
反対の方角を向いている。
たったそれだけの理由で、
結果が実らなかったりします。

心が折れたなら、チャンスです。

だって、自分の頑張る方向が間違いだってことに気づけたんですから。

正しい方向へと修正し、今までとは違う方向で頑張ることは
戸惑ったり、受け入れることに時間がかかったりしますが、

新しい方向で努力し、結果を出すことで認められたなら、
その時の喜びは、心が折れた時の悲しみを超えるはずです。

また、その経験ができたなら、
心が折れた人の気持ちがわかるようになっています。
辛い、悲しい、闇のどん底にいる人の
生きていることが辛いという気持ちに共感できます。

「○○は甘え」の様な、時に無神経に響くかもしれない言葉を
安易に使わなくなるなど、
自分自身に変化が現れるかもしれません。

MAXハイテンションはストップかけて!

心が折れた時に、偶然にもこの文章を読んだそこのあなた!
(;゜〇゜)

ひょっとして、こんなことを考えていませんか?

俺は変わるんだああああああ!!!!

原因の分析ができていて、これを直せばいいんだ!今から150%の力を出して死ぬ気でやるんだあああ!!!
(*`Д´*)

無理です(キッパリ)

数字の誤解

多くの人が勘違いしています。

自分が成功する為に必要な力というのは、
120%や150%ではなく、80%くらいです。

100%の力を使い切ったら死にます。

人間が生きる為に必要なエネルギーでさえも
社会的生活を営むために使っていると考えるからです。

この考え方で言うと、
普段は60%くらい。
これを必死に努力することで80%くらいにもって行く
ことで、普段の実力以上のことを出すんです。

大切なのは、ベストなコンディションで日常生活を送ること。

余力を残したまま、普段通りの行動ができる事です。

さっきの話をもう一度言うと、
頑張る方向性が違っていたり、頑張る方法が違っていると、
いくら頑張っても結果が出ないので、
結構危険です。

そのテンションの時は120%くらいの実力が自分は出せるはずだと、
本気で考えているので、後先の事を考えずに突っ走ることが、
今の自分にとって、最も良いことだと思い込んでしまうんです。

じゃあどうすりゃええねん!

と思う方、無理はしないことです

正しい方向が見つかるまでは、何も頑張らなくていいです。

強いて言えば、人間が生きていく上で最低限必要な、
日常生活を送ることです。

食べること、寝ること

この2つが出来ていれば、自然と元気が湧いてくると思います。

これさえあれば人生は成功する!
なんてことは今の時点では存在しません。成功の法則は人によって違います

まずは、いつも通りの生活を送ることです。

今すぐ何かにチャレンジしようとすると、失敗します

新しいことを始めなくても、
自分探しをしなくても、
日常生活でやることを、最低限やること。
それが思いつかないなら、コーヒーか紅茶でも飲みながら、
まったりと時間を過ごすだけでもいいです。

余力が出てきたら、今の感情を記録してみてください。

後でその感情の記録を見ることが嫌になるかもしれませんが、
今の気持ちを正直に書くことです。

書いたら頭の外に出ます。

思い続けていたら、余計に疲れます。

ゆっくりと流れる時の流れに、
身を任せては如何でしょうか。

さいごに

長々と書きましたが、
結局何が言いたかったかというと、

ゆっくりと時間を過ごすという
余裕の無い人が忘れがちなことが、実は最も重要で、
そんな時こそ寝たり食べたりすることが一番大切なんだよ。
っていう事です。
(`・ω・´)ゞ

何か切羽詰まっている時って、
休憩すらしないですからね。

人生、まったりいきましょう
(*´ω`*)

次回予告

さて、なんでこんな記事を書いたかというと、
実は紹介したい本があるから

なんです。
その本は、僕のこの考えや、
この世の中でどうやって生きていくべきかという
僕の思想の根本を支えている本です。

今回の更新があまりにも長くなってしまったので、
敢えてここでは紹介しません
(*´ω`*)

次回の更新を、楽しみにしていてください
ヽ(=´▽`=)ノ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー