Evernoteと手書きを融合する為に生まれたスタイラスペン「JotScript2」が最高すぎる

JotScript2のパッケージ

こんにちは、ジュン@frapptです。

今回は、Adonit社より「JotScript2」というBluetoothで接続するタイプのスタイラスペンを提供していただきました
ヽ(=´▽`=)ノ


手書きvs入力

僕ね、これまでずっと、メモを取る方法が変わってきているんです。

それはもう当ブログの考察カテゴリーをみていただければ
ずっと考えっぱなしなんですが、
考察 | LINE@って影響力がでかいのね | No:10819 | | 早乙女珈琲店 | 早乙女珈琲店

手書きは書くとどんどんアイディアが浮かんできて、
書き心地の良いペンに出会うとテンションが上がるんですが、
あとから編集することが割と面倒くさい。

じゃあ入力はどうかというと、
アウトライン思考法も素晴らしいけど、
自分の思考のリズムで入力できるとは限らない。

未だにアウトライナーで自分がどんどん使えるアプリに
出会ったことが無いので、キーボード入力の思考に頭が慣れていません。

ただ、キーボード入力の方が手書きよりも圧倒的に早く思考を文章化できるので、
アウトライナーを試す日々が続いています。

そんな中、現時点でのスタイラスペンの新定番とも言えるJotScript2を
試すことになったんです。
(`・ω・´)ゞ

JotScript2

2015年に発売された新モデルで、
前回の初代JotScriptよりも性能が上がっています。

開封するとこんな感じ

開封4枚まとめた

なんか大きな箱で色々はいっていましたが、
まずはスタイラスペン自体を試しましょう。

Adonitって、Evernote用じゃない「Adonit Jot Touch with Pixelpoint」っていうスタイラスペンも出してはいるんですけど、今回のはそのモデルから、筆圧感知を取り除いて、
とにかく書くことに集中させたいペンに仕上げたんですよ。

ペン先

特にこのペン先が初代と同じように細くて書きやすいですね。
Su-Penだとこうはいかないでしょうね。

書き味最高!

iPadにかいてみた

iPadAir2+GoodNotes4で書いてみました。
これ凄いわ。本当に良い。
初代JotScriptの泣き所は、iPadAir2にJotTouchSDKがしっかり対応できていない
ところだったんです。

でもJotScript2ならiPadAir2に正式対応してるので、
広い画面でどんどん手書きで字が書ける!!
(*´Д`*)

画像はないんですが、Penultimateとの相性も良くて、
付箋にメモをするのをやめて、iPadにメモをまとめたくなる
と本気で思えたペンでした。

おわりに

これは本当に書きやすいね。
充電も単四乾電池ではなくなったので、USBで手軽に充電できて便利です。

もう、いつも持ち歩いてます。
(*´Д`*)

AdonitのTシャツ
しかし、このTシャツはいつ着ようかしら汗

この記事は するぷろ for iOS.を使って書いてみました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー