Jot Pro 2.0はiPad Air 2でめっちゃ使えるスタイラスペンだ!

イメージ

こんにちは、究極のスタイラスペンに出会えていることを夢見て、日々スタイラスペンを買い続けているジュン@frapptです。

今回は、adonitから最近発売された話題のスタイラスペン、「Jot Pro 2.0」を購入してみました。

結論から言うと、iPad Air 2にて、快適に手書きが楽しめています。
いやぁ買って良かった。
本当に買って良かった!(´;ω;`)


Jot Pro 2.0

以前から売られていたJotProシリーズのバージョンアップ版です。

スタイラスペンの売り場を見たことがある人は
「あぁ、あの円板のやつか」って思うかもしれません。

僕は今まで、「円板なんて邪魔なだけでしょ、いらね」
とか思っていて、候補から外していたんです。

だってカチャカチャうるさそうだし、
細くて折れそうに見えるし
(´・ω・`)

でもね、このペンが結構良かったんですわ。
(`・ω・´)

開封!

DSC07417

そんじゃ、ぱぱっと開封しちゃいましょう。

ほいっ、箱から出しました。
DSC07419

ただのスタイラスペンなので、説明書も入っておりませんね。

ここにはadonitの刻印、
DSC07420

反対側にはJotProの刻印
DSC07421

ここがフックになっていて、ワイシャツのポケットに入れられますね。
DSC07424

全体がこんな感じ
DSC07422

Su-Penと比較してみました。

2015 02 04 23 30 13

おお、Jot Pro 2.0の方が長い!安定して書けますね。

それでは、気になる書き味をチェックしていきましょう。

Jot Pro 2.0の書き味

今回は、GoodNotes4を使って、iPad Air 2を横向きにして書いてみました。

iPad Air 2は、新型のタッチセンサーを搭載していることもあって、
Bluetooth接続型のスタイラスペンが満足に性能を発揮できなかったり、
全く使い物にならないレベルのものまで存在するのが現状です。

Su-Penなどの通常のスタイラスペンであれば問題なく使えるんですが、
それでもペン先が太いものが多いのが悩ましいところでした。

で、Jot Pro 2.0はどうだったかと言うとですね、

2015 02 04 22 45 35

no name
最っ高に書きやすい!

円板が気になるかなーなんて心配していたんですが、
要は慣れで、すぐに気にならなくなりました。

これは良い!良いですよ!!!
ヽ(=´▽`=)ノ

円板が透明なので、細かく書けるのが嬉しいですよ本当に。

イラストを描くとなるとまた違うのかもしれませんが、
手書きでメモを書いたり、
PDFに注釈を付けるくらいなら、全然使えます。

ディスプレイの端の部分で書こうとすると、
流石にズレることがあるので、
メモを走り書くくらいで威力を発揮しそうです。

ただし、円板がディスプレイに当たる時にコツコツと音がするので、
それが気になる人がいるかもしれませんね。

僕はすぐに気にならなくなりましたが、
静かな場所で使うと、気になるレベルかも。

あと、ガラスフィルムが貼ってある端末で使うと、より音が大きくなりそうですね。

むしろ保護フィルムが貼ってある方が音が軽減できると思います。

感想

no name
手書きで細かく字が書けました!

このペンに出会えて本当に良かった。
これで手書きのノートをiPadで代用できるかと思うと、
ワクワクしてきますね。

他の方のブログを読んでいると、
何かの拍子に円板が取れてどっか行った!みたいなのを見たことがあるので、
使わない時はしっかりとキャップを閉めて、大切に扱っていこうと思います。

強いて言えば、が無いことが残念ですね笑

久々の当たりなスタイラスペンでした!
ヽ(=´▽`=)ノ

あ、ちなみに、少し小さめなコンパクトモデル、miniも出てますよ
(`・ω・´)ゞ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー