2013/05/22

iPad miniを購入したら、iPad3を使わなくなってしまった

2013 04 16 11 54 29

iPad miniを購入したのが3月4日でした。

あれから1ヶ月ほど経過し、その間でケース車載ホルダータッチペンを買い揃え、

とことん使ってみました。

その結果、生活が少しだけ、変化しました。

そう、iPad3を使わなくなってしまったんです。

その理由を、まとめてみました。


理由その1:iPadが重い

一度iPadminiを手にし、しばらくブラウジングでもしてしまうと、

もうダメなんです。iPadの重さに、耐えられなくなってしまうんです。

iPadを片手で持とうとすると、手に結構な力を込めることとなります。

それに、段々と疲れてきます。

やっぱりiPadは両手でガシッと持つスタイルが求められるので、

カバンから出すのも億劫になってしまいました。

iPadの重さは650グラム。これは16cmのフライパンに相当します。

つまり、iPadで読書するということは、フライパン級の重量の本を読むこととなります。

それに対してiPadminiは308グラム。つまり缶ジュースよりも軽いんです。

手に持ったまま使っていても、なかなか疲れない。

ずっと漫画を読んでいても手が痛くならない。

これが決めてでした。

理由その2:iPadがでかい

iPad3をいつもカバンに入れていました。MacBookAirを持ち歩かなくても、iPadを持ち歩くというパターンもありました。

が、iPadって、サイズがでかいので、カバンから出すのに一苦労なんですよね。

カバンから出す瞬間、心の中では「よぉ〜いしょ!」って言ってる感じです。

ひょいって出してサッと使う。スマートフォンではこれが可能です。

が、スマートフォンでは何か検索するにしても画面が小さく見づらい。

となると、iPadとスマートフォンの間が欲しくなるんです。

それがiPadminiでした。

ちょっと大きめの画面で調べ物をしようかなと思ったらiPadmini、それ以上大きな画面を必要とするなら、

僕はMacBookAirをカバンから出します。

理由その3:iPadアプリが使える

当たり前と言えば当たり前なんですが、

iPadminiでももちろんiPadアプリが使えます。

iPhoneだとiPhoneアプリ限定となってしまいますが、iPadであればiPhoneアプリも起動できますし、

iPadアプリもそのまま使えるわけです。

この、軽くて小さいiPadminiで。

たまにJubeatで遊んだりしますが、iPadminiでも普通に遊べます。

これまでのiPadアプリを、これだけ小さく、軽い端末で動かせてしまうという部分に感動しました。

理由その4:Retinaではなくてもなんとかなった

Retinaはすばらしいです。一度その液晶に慣れてしまうと、他の液晶を見るだけでゲンナリします。

僕自身、iPadminiが発売された当時は、「Retinaじゃないなら買わん!」と言っていた口でした。

確かに、ビューンなどの雑誌アプリで文字を読むのは辛いです。

が、ウェブサイトを見るくらいであれば、ほぼ問題ありません。

それに、iPad2が非Retinaで、iPad3からRetina搭載となりましたが、iPadminiはiPad2と同じ解像度。

つまり、画面が小さいだけで、iPad2よりかはドットが細かいということが考えられます。

だからiPad Retinaを見たにiPad2を使った時の、あのなんとも言えない残念な感じまでは、

気持ちが萎えないんです。

もちろん、iPadminiでRetinaディスプレイが搭載されるようでしたら、飛びつきますけど。

まとめ

簡単に言えば、iPadよりも軽く、iPadよりも小さいことで、より手軽になったiPadminiを

普段使うようになりました。値段を重視し、16GBを購入してしまったことを、

結構後悔してます。

が、Retina化が噂されているiPadmini2が発売されたら、もうiPadmini一本でいこうとも思えてしまいます。

今後のApple新作発表会を、気長に待ちましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー