2015/10/01

iOS9(9.0.2も同様)から言語切り替えが「Command+Space」から「Ctrl+Space」に変更されてる

入力切り替えの表示

こんにちは、ジュン@frapptです。

2015年9月17日に、iOS9の配信がスタートしましたね。
僕も早速ですが、手持ちのiPadAir2をiOS9にアップデートしてみました。

まぁ新しい機能は概ね良いなって思っていながら、
まだまだこれからだなぁという感じもしていますが、

どうしてもね、困ってしまうことが起こったんですわ
(´・ω・`)


Bluetoothキーボードでの言語切り替え

記事タイトルに書いた通り、

これまでの入力切り替えは、「Command+Space」だったんです。
Bluetoothキーボードで言えば、スペースキーの隣にCommandキーがあったので、
左手の親指でCommandを押しながら、右手の親指でスペースを押していたんですよ。

ところが、iOS9では入力切り替えが「Ctrl+Space」に変わりました。
「Command+Space」で何が起こるかというと、
spotlightの画面

Spotlightがでるんですわ。
(´・ω・`)

つまり、Logicool製のBluetoothキーボードなんかに搭載されている
言語切り替えボタンを押すと、検索に飛んでしまう
っちゅーことです。

感想

これ、既存のキーボードはどうやって対応していくんだろう。
まさに今、Bluetoothのキーボードを使ってiPadでブログを書いているので、
入力切り替え時にかなり手間がかかっています。

どうにかならんのかしら
(´・ω・`)

追記:ロジクールに電話して聞いてみた

はい。見出しの通り、ロジクールにどう対応するのかを電話で聞いてみました。

iOS9での言語切り替えのキーが変わったことで、既に多くの問い合わせがあった。とのことでした。

これからの対応は現在検討中で、
・iOS9のバージョンアップによる言語切り替えのキー設定を元に戻してもらう
・キーボードのファームウェアをアップデートすることで対応
といった選択肢が挙げられる。とのことでした。

ただし、既に販売されているBluetoothキーボードには
他社製でも言語切り替えのホットキーが付いているものが多く、
iOS側で対応したほうが早い。という話でした。

また、既存のキーボードの充電用として用意されている
MicroUSB端子でのファームウェア書き換えが可能かどうか、
そもそもキーボードにファームウェアの書き換えが可能なほどメモリが搭載されているのか
という留意点もある為、

ユーザはキーボードのメーカーかAppleが
何らかの発表をするまで、現状のまま我慢するか、
まだ間に合うタイミングで、iOS8にダウングレードするしかない。
とのことでした。

そういや、iPad Proのキーボードはどうなってんの?

少し追記です。
Ctrl+Spaceに言語切り替えのショートカットが変更されたことで、
ふと思ったことがあるんですわ。
(´・ω・`)

iPadProに、純正のキーボードがありますよね、

iPadProのキーボード公式画像
そそ、これやこれ。

これの配列が気になりました。

iPadProの純正キーボードの配列

ん?なにこれ

キーボードの左下拡大

これって、言語切り替えボタンですよね。
(;゜ロ゜)

このボタンがCtrl+Spaceが登録されているホットキーなのか、
それとも独自キーとして動作するのかは不明ですが、
Appleがこいつを用意しているっちゅーことは、
他社メーカーもこのキーボードに合わせろ!
ってことですかね。

ううむ、できたらiOS9の修正版を早急に出して欲しいですね。
(´・ω・`)

追記:iOS9.0.1でも修正されず

2015年9月24日の早朝に、iOS9.0.1が配信されたので、アップデートしてみました。

iOSのアップデート画面

アップデート完了の画面がこれ

アップデート完了

でもね、キーボードの言語切り替えショートカットは修正されなかったんですよ。

これはApple側もこの変更を認識しているっていうことなのかな?
ロジクールのキーボードの中にはCtrlキーが搭載されていないものだってあるのになぁ
(´・ω・`)

これからどうするんでしょうね。。。

20151001追記

iOS9.0.2が出ましたね。
とりあえず、ショートカットキーが元に戻ってません。
きっとこのままなのかもしれません。

それと、再度ロジクールに電話した結果、
まだこれからの対策を協議中とのこと。
恐らく数週間レベルで解決する問題ではないだろう。
とのことでした。

さぁてどうなるこやら。

この記事は するぷろ for iOS.を使って書いてみました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメント一覧

  1. […] されている言語切り替えボタンを押すと、検索に飛んでしまうっちゅーことです。iOS9(9.0.2も同様)から言語切り替えが「Command+Space」から「Ctrl+Space」に変更されてる | No:11126 | 早乙女珈琲店 […]

  2. […] iOS9(9.0.2も同様)から言語切り替えが「Command+Space」から「Ctrl+Space」に変更されてる – 早乙女珈琲店 […]

  3. おぢ より:

    アップルユーザー同士のサポートコミュニティで教えて貰いましたが、iOS10ではキーボード接続中のみ表示されるハードウェアキーボード設定でcaps lockを入力言語切替ボタンとして設定出来るようになりました。これで本来の言語切替専用ボタンがiOS9で使えなくなった人も救済されると思います。

  4. jun jun より:

    >おぢさん
    こんにちは!そうだったんですか!iOS10からそんな仕様変更があったんですね。
    CapsLockが言語切り替えキーに!本音を言えばそこにCommandキーを置きたいところですが、これでかなりの人が救われるはず!!
    情報提供ありがとうございました!

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー