2013/05/22

EeePC900Aを手に入れた

最近は、仕事に忙しくてなかなかブログの更新ができませんでしたが、

今回は、ちょっと大がかりな記事を書きたいと思います。

先日、GENOでEeePC900Aが投げ売りされていました。

この記事を書いている現在、残り9台です。

4月頃には19800円で売られていたものですが、それが今回はセール時で16000円でした!

4月はまだ学生だったので、「WindがあるからもうUMPCはいいや」と思っていたのですが、

その驚異的な安さと、Atomだということに惹かれて

買ってしまいました♪

そして更に、EeePC用のSSDも買いました。

SHD-ES9M64Gが11800円でした。

更に、林檎を意識して、無線LANをDell1390に換装済みです。

で、こうなりました↓

ちなみに、↑この写真は、トリプルブートの夢です。妄想です。

この夢を見る為のおまじないをここに書いておきます。

パーティション構成は

Win7RC????21GB

林檎の夢????21GB

eeeUbuntu????20GB

swap????????2GB

MBRはGRUBの方が何かと都合が良いので、

1.Win7RC 2.林檎の夢 3.eeeUbuntu

この順番でインストールしていきます。

Win7RCやeeeUbuntuは他のサイトの方が実績があるので、

林檎の夢だけ、ここに書いておきます。

まず、1番参考にしたのがこのサイトです。

900Aに林檎をインストールすると、Welcomeの画面から次に勧めないので、

-sで起動して、コマンドを叩きます。

/sbin/mount -uw /
touch /var/db/.AppleSetupDone
passwd root

Read Onlyな/を書き込みできるようにマウントし直して、初回起動で作られる.AppleSetupDoneを作成しておきます。

その後で、rootのパスワードを決めます。

あとは、

1.自分のユーザを作る

2.解説サイトを見ながらある程度作業する

3.ただし、EEEboot.1.11.isoの中のEEE-Utilities.dmgの中にあるファイルがある程度古いので、特にGMA950ドライバを他のサイトから持ってくる

4.GMA950ドライバだけ、他のサイトから持ってきたものをインストールする。他のドライバはそのまま入っているものをインストールする

5.900Aの場合、起動する時に「cpus=1」を指定する必要があり、毎回入力するのが面倒なので、/Library/P{references/SystemConfiguration/com.apple.Boot.plistに予め設定を書いておく

6.自分の理解力の無さが原因なのか、解説サイトを見てもホットキーが有効にならなかったので、shadesを入れて画面の明るさ(brightness)を調整する

だいたいこんな感じです。

GMA950ドライバのインストールで、バージョンをミスると、800x600でしか起動できなくなったり、その後で新しいドライバをインストールすると、GUIが起動しなくなるので、パーティションのイメージを取りながら作業を進めました。

この順序の作業がよく分からない場合は、解説サイトをよく読みましょう。

(自分にも言い聞かせています(´ヘ`;))

とりあえずこれが夢を見るために行ったことです。

あくまでも夢のお話です。

あ、ちなみに、GRUBから林檎の夢を見たい場合は、Windowsと一緒、chainloader +1で行けます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で