2014/05/27

今、電子書籍端末が熱い!

NewImage

こんにちは、ジュン@frapptです。

僕はこれまで、KindlePaperwhiteで本や漫画を読んできたんですが、

Kindleの話をすると、結構びっくりされることが多かったので、記事にしたくなりました。

 


電子書籍端末とタブレット端末を一緒にする人が多すぎる

これが一番多いんですよ!もう本当に!笑

Kindleの話をすると、聞いた人全員がほぼ同じことを口にします。

 

「またジュンは新しいガジェットを手に入れて!そんなにタブレットばかり買ってどうすんだよ!!」


いやいやいや、違うんです!確かにiPadで本を読むこともできますけど、

電子書籍端末で見ると全然違うんですよ。

画面なんてタブレットと違って、疲れにくくて見やすい画面なんですって!

と言いつつKindleを見せ、実際に手にとってもらうと、その凄さがわかってくれるんですけどね。

 

今売られている電子書籍端末4台

それでは、今販売されている電子書籍端末を順番に見て行きましょう。

 

Kindle Paperwhite

・7980円(3G版は12980円)

・6インチ

・758×1024

・169mm x 117 x 9.1

・213g(3G版は222g)

・内蔵2GB(クラウドストレージ5GB)

・3G版あり

 

楽天kobo

・7980円

・6インチ

・758×1024

・185g

・2GB(うち1GB使用可能)

microSDHC(32GBまで)対応

 

SonyReader(PRS-T2)

・7980円

・6インチ

・ 600×800

・2GB(うち1.3GB使用可能)

・microSDHC(32GBまで)対応

・ハードウェアボタン

 ・3G版あり(KDDIとの契約が必要)

 

BookLive!Reader Lideo

・8480円

・110mm x 165 x 9.4

・170g

・4GB

・WiMAX内蔵

・PDFに対応せず

 

どれがおすすめなのか

あくまで個人の見解ですが、これらの電子書籍端末でどれがおすすめなのか、紹介したいと思います。

 

迷っているならKindlePapwerwhite(なるべく3G版)

僕が実際に所有しているというのも理由に入りますが、Amazonで本を買ったり、

Amazonを普段から利用している人はKindleで決まり!です。

Kindleの性能も申し分なく、自炊した本も快適に読むことができます。

そして、お財布に余裕があるなら3G版をおすすめします。

最近、出先で時間を潰すことが増えたんですが、

出先でKindle3G版で本が買えることに毎回感動しています。

WIFI版は結局はダウンロードしておいた本を貯めておく必要があるんですが、

その場で新刊を買って読むことが出来るのは3G版なので、

一度この感覚を覚えてしまうと、WIFI版は不便で仕方ありません。

 

安く手軽に自炊を楽しみたいなら楽天kobo

実は今、楽天koboが安すぎるくらい安いんです。

じゃんぱらでは2980円で売られていたり、Amazonの中古で2500円で売られています。

そして、koboのポイントはmicroSDカードに対応していることです。

自炊した本や漫画をmicroSDに沢山入れて楽しむ端末としては安く買えると思います。

ただ、タッチパネルの反応がKindleよりも悪いという愚痴を聞いたことがあるので、

快適に読書出来るかどうかは触って確認する必要があります。

 

ちなみに、この記事を書いている2013年8月14日現在では、2300円くらいで売っています。

(安くなりすぎだろ・・・)

これに漫画を沢山入れて・・・!と考えるとワクワクしますね。

 

Sony Readerはハードウェアキーボード搭載

Sony製のReaderという端末は、Kindleやkoboには無い、ハードウェアキーボードがあります。

つまり、タッチパネルの変わりに、押しやすいボタンを配置しているわけです。

ただこの端末は解像度がKindleよりも低いという欠点があります。

 

LideoはWiMAX対応!

なんと、LideoはWiMAXを内蔵していて、無料で使えるそうです。

ただ、本のダウンロードなどにしか使えませんけど。

Kindleの3G版は漫画などの大きなデータは3G回線ではダウンロードできないことに対して、

Lideoは本だろうが漫画だろうが外でダウンロードできるわけです。

ただ、欠点はPDFが読めないこと。

つまり、自炊用端末としてはあまり向いていないという欠点があります。

 

自炊したデータはChainLPでだいたい変換できる!

Lideoはわかりませんが、Kindle・楽天kobo・Sony Readerは

ChainLPというフリーソフトで自炊したデータを最適化なファイルに変換できます。

Kindleに関しては、僕も試行錯誤を繰り返し、以前書いた記事の方法に落ちつきました。

買った漫画を自炊してKindle Paper Whiteで快適に読めるようにしたった! | BeginningNEWS

 

 

まとめ

・ジュンがおすすめするのはKindlePaperwhite(できれば3G版)

・安く楽しみたいなら楽天kobo

価格も8000円前後が多いので、手軽に購入できると思います(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー