読むと人生がちょっとだけ面白くなるかも『人とチームの魅力を引き出す ドラマ思考のススメ』

IMG 0237

こんにちは、ジュン@frapptです。

自分はこれまで、アニメだとかゲームだとかによく接してきたせいか、
幼い頃から「今は自分の人生という世界の中で、主人公をやっているんだ」という感覚を持っていました。

なんとなくですけど、自分の年表が頭の中にあって、
嬉しい事とか、悲しい事とかがどんどん刻まれていく感じがしているんです。

その人生の年表がいつ終わるかはわからないけど、
その年表の内容が増えると嬉しくなるんですよ。

さて、そんな自分が何気なく読んでみたいというか、
「これ、自分の感覚に近いんじゃないかな」って思った本があったので、
読んでみました。


人とチームの魅力を引き出す ドラマ思考のススメ

あら安い。Kindle版だと500円、
プライム会員だと0円で読めます。

自分の速度で1日で読めてしまったので、
もっと速く読める人なら数時間もかからず内容を読み終えてしまうでしょう。

人生はドラマ、あなたは主人公

舞台は日常生活、
共演者は出会う人、

もちろん悪役もいます。
悪役というのは、自分が苦手だと思っている人や、
嫌いだなって感じている人です。

悪役がいてこそ、ドラマが盛り上がるもの。

怪獣のいない世界ではウルトラマンは輝かない。
怪人のいない世界で仮面ライダーは輝かない。

そう思うと、自分が苦手だなって思う人がいてこそ、
あなたの人生が盛り上がるんですね。

ビジネスシーンにも感動を!

ここは、自分にはあまり関係ないかな?とは思いきや、
今のビジネスの本質が「顧客満足」ではなく、同じ「感動」を共有することだという、
人が人として接する為の本質的なところをついてくる内容でした。

ハッピーエンドの創り方

人生のテーマを自分で決めると、

もしそのことで悲しい事が起こっても、
辛いこと起こっても、

最終的に自分が決めたテーマに沿っていくんですって。

そのためにテーマを決めて、ラストシーンを意識する。

悲しいことが起こっても、嫌なことが起こっても、
「今はハッピーエンドに向かっている途中なんだ」と思いながら、
それを乗り越えていこうという姿勢をもっていると、
本当にその通りになるそうです。

感想

読めて良かった。

特に、「二人称スタイルの文章が良い」という言葉。
自分もたまに二人称で文章を書いているので、
それの裏付けとなったことが、心強かった。

誰かに宛てた手紙のようにブログを書くのも、
良い方法かもしれませんね。

それと、

IMG 0238

じゃん、マインドマップです。
センターイメージはまだうまく書けないので、
全部言葉ですけど、
フリクションを4色買ったので、それで色分けして書きました。

最近は色々と考え事をしながらマインドマップを書くことが、
自分の頭の中を整理するのに丁度良くて続けています。

マインドマップを人に見せるのは結構恥ずかしいんですけどね笑

読書しながらマインドマップを書くのが、結構楽しいんですわ。
・・・たぶん物語りには使えないかもしれないけど。

これからも、読書マインドマップは続けてみます。
自分の人生は、自分が主人公のドラマです。
精一杯盛り上げて、良いドラマにするぞー!
ヽ(=´▽`=)ノ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー