2013/03/21

NAT,PAT

ども!ジュンです。

シスコネットワーキングアカデミーセメスター4がいよいよ始まりました!(テンション高っ

受講生の方、これから3月5日まで一緒に頑張りましょう!

というわけで、早速今日の復習です。

今日は、NAT,PATをやりました。

実機をメインにやりましたが、概念的にはなんのこっちゃ?っていう人に軽く説明します。

NATは、要はルータの役割なんです。自宅でインターネットを契約して、ブロードバンドルータを使っている人も多いと思います。実は、そのルータがやっている仕事がNATなんです。

例えば、インターネットと契約して、ルータを設定すると、ルータはIPアドレスを2種類持つわけです。外側と内側です。

外側の例として、200.2.2.18/30

内側の例として、10.10.10.10/24

だったりするわけです。

しかーし、外の世界にいるISPには、ルータが勝手に作った10.10.10.0ネットワークなんて、知ってる訳がありません。むしろ、ISPは「199.99.9.33なら認めてやるぞぃ」って言ってます。

そこでNATの出番です。今日の実機の設定で実感したと思いますが、ホスト10.10.10.10からPingをISPに送信すると、ISPから見たら、199.99.99.33からPingが来たと思って返事を返しています。

普通の設定じゃありえませんよね^^;

NATを簡単に説明すると、まぁ大体こんな感じです。

さて、今回の実機演習の1.14a、1.14b、1.14cですが、パケトレで再現してみました?!!

ファイルをここにアップロードしておくので、使いたい人は使ってください。

1.1.4.pkt

1.1.4の演習で使う共通の設定のみ行ったファイルです。

1.1.4a.pkt

NATの設定を行ったものです。

1.1.4b.pkt

PATの設定を行ったものです。

1.1.4c.pkt

スタティックNATの設定を行ったものです。

じゃぁ、今日はここまで!明日も頑張りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で