2014/05/27

文具王がAccessNotebookというモレスキンを超えるノートを7月中旬発売

スクリーンショット 2013 07 05 7月5日金252

こんにちは、ジュン@frapptです。

僕が今、モレスキンよりも気になっているノートがあります。

文具王の意見が反映されたノート「AccessNotebook @bungu_o」です。

 

公式サイトはこちら↓

B-LABO|文具王・高畑正幸公式サイト – AccessNotebook アクセスノートブック

 

これは愛知県春日井市にある株式会社フジカで作られたノートで、

文具王が納得いくまで意見を反映させたノートらしいです。

 

結論から言うと、僕はこのノートがめちゃくちゃ欲しい(*´ω`*)

何故ならば、アナログとデジタルの融合が難しいからです。

 

僕はごりゅごさんのEvernoteのイベントに参加してからというもの、

Evernoteを以前よりも積極的に活用するようになりました。

しかし、どうしても職業上の関係で紙のノートが必要なので、

最近はアナログとデジタルの融合が出来ないものかと、ずっと考えていました。

 

例えば、iPadを手帳として使う為のxPadという手帳ケースがあります。

いつでもインターネットに接続できるタブレットと紙を合わせた新しいカタチでしょう。

デジタルの長所とアナログの長所が合体したような夢のデバイスがあるなら、僕も使ってみたいものです。

 

一時期、iPadをノートとして使おうと、7notesやNoteAnytimeを試した次期がありました。

しかし、やっぱり自分が愛用しているペンと、紙の方が、メモしやすいんですよね。

それで手帳も紙だなと思っていたんですが、佐々木正悟さんのタスクのお話を聞いてから、

「紙の手帳に記録した予定を、Googleカレンダーに入力する」というタスクを行うことで、

予定について考えることと、アナログからデジタルへの予定データの移行が実現しました。

やっぱり、手間をかけたほうが(先に面倒くさいことやった方が)、後で楽ができるとうことでしょうか。

 

Mac、iPhone、iPad、KindlePaperWhite、最近はこれらのデバイスを使っていますが、

それぞれで全てをやろうとすると、全てにおいてどこかが使いづらい面が出てくるんです。

文字入力を行うならiPhoneで行うよりもMacが効率が良かったり、

Kindle本を読むのであればKindlePaperWhiteが見やすかったり、

雑誌を読むならiPadが良いんですよね。

紙のノートも同じように考えると、僕の中でのメモツールのベストは紙とペンなんです。

だったら、より良いノートが欲しいと思うのは欲が正常に機能している証です。

(やめて!力説しておきながらただのIYHしたいだけのIYHerだ!なんて言わないで!笑)

 

AccessNotebook @bungu_oの発売日は7月15日らしいですね。 ああ早く欲しい!!


2013年8月4日更新

購入できました!!

AccessNoteBook @bungu_oを購入できた! | BeginningNEWS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント投稿

※メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


LINE@アカウントを作りました!
スタバカスタマイズのコツを直接聞いてみたい方や!
ガジェットのレビューで要望がある方は
是非是非登録してください!
ヽ(=´▽`=)ノ
友だち追加数

jun

著者:jun

Twitterフォロー